ブログ

お手紙

先日、医院宛に一通の手紙を頂きました。

内容を簡単にまとめると、
コロナウィルスが蔓延している中、地域のために治療を続けてくださりありがとうございます。
まだまだ、暑い日が続きますが院長先生はじめスタッフの皆さん頑張ってください。といった、内容でした。

お手紙を下さった方には返事は書いておりませんが、私どもも元気と勇気を頂きました。
スタッフ共々、御礼申し上げます。

このお手紙を頂いた時に、ちょうど僕の中で響いた言葉があったので紹介したいと思います。

“たった一人の「いいね」があれば、本当は、いいのかもしれない。”

たくさんの「いいね」がないと、少し不安になる。
簡単につながれる時代のせいののかもしれません。でも、思うのです。
100を超える「いいね」より、たった1人に頷いてもらいたい時がある、と。
大切なあの人にだけ伝えたい、みんなとはシェアできない言葉。
一人を思い、一人に書く。文字にならない気持ちまで、にじんでくる。
そうして、もらえた返事は、きっと、かけがえのない「いいね」になるはずです。

さあ、一本のペンを。
誰かとつながる一番の道具は、たった一人を思って選んだ言葉、だと思うから。

「毎日読みたい365日の広告コピー」 ライツ社

お手紙を下さった方へ
わざわざ筆を執って下さり、ありがとうございます。
大久保歯科医院はこれからも地域をささえる歯科医院でありたいと思います。
今後もよろしくお願い致します。

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP