ブログ

食育セミナー

先日、株式会社GC主催の 栄養士の鈴木先生の食育セミナーに行ってまいりました。
最近、子供の正しい成長、発育には食育や口呼吸、姿勢、生活習慣が大きく関与していると感じることが多く、これらのことは相関関係にあると思われます。

学生時代栄養学は習ったことがなく、砂糖の話はためになりました。
例えば子供のおやつに必要な砂糖の量は8gのスティクシュガー2.5本分 コーラでスティクシュガー7本分、スポーツドリンクで4本分、カップアイスで3本分となっており、ほとんどのおやつで必要量をオーバーしていました。

またフランスパンをそのまま食べるのと水を飲みながら食べるのでは咀嚼回数が半減してしまうのと味の感じ方がちがうことがわかりましたhappy01

特に鈴木先生が強調していたのは
・菓子パンはパンではなくお菓子の分類なので主食にはならない。(メロンパンではスティクシュガー4本分)
・食事は主食(ごはん、パン、麺類)、主菜、副菜、に分けてバランスよくとりましょう。
・3歳までは甘いものを与えないようにしましょう。甘いものを与えると食事をとらなくなり、甘いものをほしがる欲求が止まらなくなります。
・食育は親主体で行いましょう。子供が好きなものだけを食べさせるのではなく、それを抑止するのが親の役目だ。sign01
といっておりました。
今回は食育でしたが、またこのようなセミナーがあったら皆様に報告したいと思いますconfident

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP