ブログ

子供の歯磨き2

先日子供の歯磨きについて話をした同級生が1週間たって来院しましたrvcar
「子供の歯磨きはどうだった?」と尋ねると
「歯磨きをしようとしたら歯ブラシを投げつけられた。何が悪いんだろう?」と、返答してきましてきました。
まあ~、当然だろうな。と思いました。
子供を一人でおしっこさせるのだって1週間でできるようにするのは無理です。ましてや、すでに子供が歯磨きに対してマイナスイメージになっているのだから、よっぽど根気が必要です。ぼくら歯科医師だって暴れる子を治療してほしい。と言われても、すぐに治療するのは無理です。1番簡単にできる方法は本人にやる気を起こさせることです。ただし、時間と根気が必要です。子供の成長には必ずパパ、ママの力が必要です。幼い時だからこそ本気で子供と向き合ってはいかがでしょうか・・・。

つい最近の話ですが、小学生の母親から「爪噛みがなかなかなおらない。」と相談を受けました。
そのお母さんは爪噛みをやめさせようと、爪に絆創膏を貼ったり、マジックで塗ったりいろいろ苦労をしていました。
当然爪噛みは歯ならびにも影響することを知っていたので早く止めさせたい。ということでした。
そこで、そのお母さんに「これを寝る前に毎日子供たちと一緒に読んでください。」と1冊の絵本を渡しました。

1週間後、そのお母さんに「爪噛みはその後どうですか?」と聞くと、
「それが、毎日爪に黒マジックを塗っているのですが全く噛んだ形跡がないんです。今までの中で一番効果がありました。」と返答をいただきました。
僕もビックリしてしまいましたwobblyふつう癖を直すには数か月かかると思っていたのですが、まさかこんなに早く爪噛みをやらなくなるなんて・・・。
きっとお母さんが真剣に向き合ってきたから、爪噛みを卒業することができたのでしょう。

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP