ブログ

子供の歯磨き

   <上唇小帯

先日同級生の友達から1歳半の子供が歯を磨いてくれないと相談がありました。

確かに子供の歯磨きは大変です。実際、私も自分の子供の歯磨きには悩みましたbearing
まずは歯のはえたてのお子さんの場合はガーゼなどで歯を軽くこすって、口の中にものを入れることに慣れてもらうようにしましょう。だんだん慣れてきたら、歯ブラシなどに切り替えていきましょう。子供は何で歯磨きをするのかわからないもの。親自身が歯磨きをしっかりしている姿を見せることが大切です。小さい子供は親のやっていることに興味を示し、真似をしたがるようになりますsmilescissors

その時注意しなければならないのは、
・できるだけ子供の機嫌が良いときに磨くこと。⇒期限が悪い時に歯磨きをするとその時磨けないだけでなく、次に磨くときも悪いイメージを思いだし、磨かせてくれません。
・素早く奥まで磨くこと。⇒子供は飽きっぽいので、スグにぐずってしまいます。
・歌を歌いながら歯磨きをしましょう⇒歯磨き用のおもちゃや音楽を楽しみながら歯を磨くと苦痛に感じなくなります。
・磨くときは上唇小帯(唇をめくったとき上の前歯の真ん中にあるスジ)を人差し指で押さえ歯ブラシの毛先があたらないように磨いてあげてください。(上の写真参照)子供は口に物を入れられるだけで嫌なのに少し痛いだけでも泣いてしまいます。
◎一番大事なのはしっかり磨けたら褒めてあげることです。⇒褒められて悪い気のする人はいません。子供は特に褒められると喜び、自信を持てる様になります。
歯磨きは子供を自立させるためのワンステップですsign01子供たちはそれ以外にも一人立ちをしたり、言葉を発したり、離乳食を食べるようになったり、おしっこを一人でできるようになったり。さまざまなステップがあります。どれも一人では乗り越えられないものです。”子供がやってくれない。”ではなく、子供が自然とやりだすように育児を楽しんではいかがでしょうか?

PS:母親の方から「旦那が育児を手伝ってくれない。」という言葉をよく耳にします。手伝ってくれた時は「食器の置く場所が違う!」など愚痴をいわず、必ず「ありがとう。」の一言を言ってみてください。旦那さんもきっと何かが変わってくるのでは・・・。

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP