ブログ

瞬足SCHOOL

本日、家族でイオンに買い物に出かけたら偶然、瞬足の上履き(瞬足SCHOOL)を見かけた。

先日、佐谷田小学校の学校保健会でシューズで有名な”瞬足”の会社 アキレスの上級シューフィッターの方が来て1時間ほど足育について話をしていただいた。
私も足育について興味があったので、聞きに行きました。

「足育」つまり足を育てることは子供の将来にとって非常に重要であると思う。
福岡の学校では足の指を鍛える訓練をすることによって学校での転倒事故が減った。といったデータも出ている。
また、足と姿勢、咬み合わせはそれぞれ関係がある。
例えば、猫背という姿勢は体が引けて頭・膝は前方に、足の底面の重心は後方に移動してしまう。
足の底面の重心は後方に移動するということは足の指がうまく使えなくなり、足の指の機能低下や形態(浮き指、外反母趾、かがみ指など)を起こしてしまう。
つまり、幼少期は機能と形態を作っている大事な時期であり、足を育てることは将来健康に生きるための第一歩なのです。

話を戻します。
その時のシューフィッターの話の中で、子どものシューズ選びには注意することがいくつかあります。
・シューズはかかと、足面、足の甲の3点でしっかり固定されていることが大事。
・足の指がしっかり曲がる靴が良い。固いものは良くない。
・子供の足は1年でだいたい1㎝伸びる。シューズを選ぶときは大きすぎる靴は良くない。0.5㎝大きいものからピッタリしたものを選ぶ。
と、いった点について話をされていました。(学校の広報にも載っています。)
話の最後に質疑応答があったので、僕も上履きについて
「子どもたちは普段学校生活で上履きを履く時間が長いと思います。上履きは足の甲の部分がゴムであるので3点で固定は難しいと思います。上履きについてはどう考えているのか?」
といった質問をしてみました。
シューフィッターからは
「”上履きは価格が安いのが当たり前。”といった概念が親にしみついてしまっているため、しっかりした上履きは売れないのが現状です。
例外的に、イオンでは独自のメーカーの甲の部分もしっかり固定できる上履きを2,000円位で販売はしている。」
との返答でした。
その時は少し残念な気になりましたが・・・、
今日イオンに行って、あのアキレスから瞬足の上履きが出ていてびっくりしました。
普通の上履きと違って靴底が厚みがあって柔らかくしっかりしていて、全体的にやわらかく、ゴムの部分も普通の物より固めにできていて履きやすそうでした。
価格は2,484円です。
早速購入したので新学期から子供たちに使わせようと思います。

後日談にになりますが、八木橋にも売っていました。


瞬足SCHOOL

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP