ブログ

小学校でフッ素洗口が始まりました

先週、熊谷市内の幼稚園、保育園の先生方を対象にフッ素洗口の説明会がありました。
仕事終わりの遅い時間にのかかわらず、多くの先生方が参加されました。

熊谷市内の小学校ではすでにフッ素洗口が始まっています。
小学校では900ppm(週1回法)、幼稚園・保育園では450ppm(週2回法)となっております。
歯医者さんが行うのは9000ppmと濃度が高くなっており、合わせて行っていただくと虫歯予防に大きく効果があります。
また、フッ素入りの歯磨き粉を使用している方も多いと思いますが、フッ素洗口も併用していただけるとより効果があります。

フッ素は子供だけでなく大人にも有効です。
大人になると歯ぐきが下がってきて虫歯になりやすい象牙質が露出します。特に糖尿病の方は口が渇きやすくなるので、唾液の自浄作用が低下し虫歯になるリスクは高くなります。
当医院でも虫歯になるリスクの高い方にはフッ素塗布やフッ素洗口を勧めています。
大人も積極的にフッ素をご利用くださいdelicious

歯科で使われる高濃度のフッ素(フルオールゼリー)

フッ化物洗口液(ミラノール)
*必ず水道水を使って粉を溶かしてください。
ペットボトルの硬水ではフッ素と化学反応を起こし効果が弱まります。

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP