記事一覧

後輩が本を出しました。

最近、大学の後輩が歯科の本を出しました。

「最強の歯科ミーティングバイブル」 角 祥太郎(かど しょうたろう)。

内容を紹介する前に彼の経歴を簡単に紹介します。

角先生は大学院の時の2級下で、大学に入る時は奨学金をもらっていたような優秀な人材です。

一言でいえば「変わったことで人を喜ばせることが好き」。

学生時代は新宿西口プロレス(長洲小力、レイザーラモンなどが所属)の前座をやったり、M-1グランプリに申し込んで予選落ち。

最近ではユーチューバーとなっていろんな人と交流し、歯科のことを発信している。など、とにかく変わったことが好きな変人です。

 

話は飛んでしましましたが、今回の書籍の内容はミーテイングのあり方について考えさせられる内容でした。

個人的には”アリの目病”の話が面白かったです。

”アリの目病”というのは小さい視点で物事をとらえて、そればっかりに集中してしまう病気のこと。

そもそも人間は ”アリの目” と”鳥の目” と ”魚の目”を持っていなければいけない。

”鳥の目”とは広い視野を意味し、”魚の目”とは時代や環境の流れを読み取る視野のことを指しています。

どの世界でも上に立てば忠告してくれる人は少なくなるし、女性主体の職場なのでどうしても視野が狭くなってしまいます。

自分が時々”アリの目病”になっていないか注意が必要だな。と、気付かせてくれる内容でした。

 

もっと読みたい方はコチラへ。

https://www.shien.co.jp/act/d.do?id=9811

 

大久保歯科医院

TAGタグ

PAGETOP